テーマ強化講座_経営層と現場をつなぎ、組織を動かすための言語化・伝達力養成講座

経営層と現場をつなぎ、組織を動かすための

言語化・伝達力強化講座セット

経営層が描く戦略やビジョンが現場にうまく伝わらず、期待通りの成果が上がらない。また、現場の従業員が企業の方向性を理解しておらず、コミュニケーションの齟齬が原因でプロジェクトが遅延する。このような問題を解決するためには、経営層と現場の間に立つ管理層、経営企画部の役割が非常に重要です。

本講座では、経営層のビジョンを現場に具体的かつ明確に伝えるためのスキルを習得することを目的としています。経営層のビジョンを言語化し、現場に”解像度高く”伝えることで、組織全体の一体感とパフォーマンスを向上させるための具体的なスキルを習得しましょう。

講座概要


講座概要

講 座 名 :ビジネス書ベストセラーライブラリー「経営層と現場をつなぎ、組織を動かすための言語化・伝達力養成講座」
受講期間 :62日間
受講費用 :96,000円(税抜)  ※通常定価の60%OFF
受講形式 :オンデマンド形式でいつでもどこからでも受講可。
申込形式 :⑴個人申込み  ⑵法人申込み どちらでも可。

登壇講師・カリキュラム詳細


経営層のビジョンを言語化する


『なまえデザイン』実践講座

小藥 元

クリエイティブディレクター/コピーライター

第1部 ネーミングが「もっと売りたい」を解決する
・“だるまの目入れ”ではない、実践するネーミング
・なまえ一つで、意識、行動、未来、ビジネスが変わる
・ブランドの差別化に留まらないネーミングによる効果

第2部 「価値」を一言で伝える“ネーミングの技術”を身につける
・ネーミングの力でビジネスをブレークスルーした具体的な事例紹介
・ビジネスの目的を達成するコピーのつくりかた
・モチベーションをクリエイティブする“なまえデザイン”
・なまえは「伝える」から「巻き込む」へ
・ブランドと生活者との距離を変えていく“なまえデザイン”の思考法
・ブランドの価値を規定すると“伝わる”



「すごい言語化」実践講座

木暮 太一

作家・出版社経営者
言語化コンサルタント

第1部 言語化のスキルが仕事をスムーズに進める理由
・「言語化」ができれば解決するビジネスの課題
・よくある課題に対する一般的な対応策とその問題
・商品の価値を伝えるために伝えるべきこと
・差別化を表現するために伝えるべきこと
・解像度高く言語化された対策こそが効果を持つ理由

第2部 目的達成に効く言語化の技術を身につける
・ビジネスの言語化に必要な5つの項目
・目的を明確に言語化するPIDAの法則
・ビジネスに最もレバレッジがかかる要素を言語化する
・「価値」が相手に伝わる最も効果的な5つの要素
・価値を言語化する(売上拡大、効率化、ビジョン実現…)
・差別化を言語化する(プレゼン力向上、脱価格競争…)
・信頼性を言語化する(ブランディング、脱・過小評価…)
・価値提供プロセスを言語化する(顧客の理解促進、ハードル低下…)
・アクションを言語化する(指示明確化、部下の自走…)
・「言語化」で目的を達成する実践ワーク

第3部 会社・組織のビジョンを言語化する
・マネジメントに必要な5つの言語化
・ビジョンをアクションに変えるために
・メンバーが即行動できる言葉で伝える


「社内プレゼンの資料作成術」実践講座

前田鎌利

書家/プレゼンテーションクリエイター

第1部 プレゼン資料は「シンプル&ロジカル」でなければならない
・なぜ、「伝わらないプレゼン」をしてしまうのか?
・社内プレゼンの「4つのポイント」
・「理解・納得」の深さにフォーカスする
・「3分プレゼン」を実現するシンプルな方法
・前田氏による「3分プレゼン」の実演
・必ず「結論」と「根拠」はワンセットで示す
・鉄壁なロジックの組み立て方
・「2案」を提案して、採択率を上げる

第2部 スライドをつくる前に考えるべきこと
・「一人ブレスト」でスライド・イメージを磨く
・社内プレゼンで絶対に押さえるべき「3つのポイント」
・「本当に利益を生み出すのか?」という財務的視点
・「現場でうまく回るのか?」という実現可能性
・「経営理念」に合致した提案であるか?
・プレゼンは「企業文化」に合わせる
・社内プレゼンに「唯一絶対」の法則はない
・すべての企業文化に共通するポイントとは?

第3部 グラフは「一瞬」で理解できるように加工する
・「ワンスライド=ワングラフ」の鉄則
・考えさせないグラフが「優れたグラフ」
・プレゼンに「必要なデータ」だけ見せる
・「脳の特徴」に合わせてスライドをつくる
・決裁者の理解を助ける「写真」だけ使用する
・スライド修正の実践ワーク

数値化で言葉の解像度を上げる


孫社長にたたきこまれたすごい数値化仕事術』実践講座

三木 雄信

トライズ株式会社 代表取締役社長

第1部 「数値化」こそが最強の問題解決ツールである理由
・なぜ「数値化」すると生産性が劇的にアップするのか
・目標を数値化することで人を動かす
・目の前の問題を解決するために自分の数字を作る
・問題解決に絶対役立つ「データ分析・七つ道具」

第2部 仕事の成果が大きく変わる「数値」の活用法則
・結果に結びつかない「ヴァニティ・メトリクス」とは?
・よくある「間違った数値化」と気をつけたい三つの罠
・「数字に強い人」は知っている理論・法則

第3部 どんなビジネスにも応用できる「数値化」の事例
・究極の数値化仕事術・ソフトバンクの「3次元経営モデル」
・顧客数を増やすための戦略について
・他社事例で見る「3次元経営モデル」
・「数字を使える組織づくり」三つのポイント


『最高の結果を出すKPIマネジメント』実践講座

中尾 隆一郎

㈱中尾マネジメント研究所 代表取締役社長

第1部 KPIマネジメントの勘所
・自己紹介を通じて、私がなぜKPIマネジメントについて語れるのか
・私が書いたKPIマネジメント関連3冊に描かれていることは
・やることを1つに絞る
・KPIは4兄弟の4男

第2部 事例紹介
・6の業種・業態別事例
 サブスク、成約課金、販売業など
・11の機能・目的別事例
 営業、集客、採用、健康など
・顧客の声として紹介している事例
 上場企業、新設部門など

第3部 自社でKPIマネジメントを実践する場合の勘所
・ワークショップの進め方


数学的思考トレーニング』実践講座

深沢 真太郎

BMコンサルティング株式会社 代表取締役
一般社団法人日本ビジネス数学協会 代表理事

第1部 STEP1:正解のない問いに自らの答えを出すための”思考法”
・はじめに:数学的思考とは何か?
・「定義」 ~まず何から始めれば良いのか~
・前提に立ち返ることで問題が見える
・実践エクササイズ①:給与を定義せよ


第2部 STEP2:要素を明確にする
・「分解」 ~難しい問題は小さく分けて考える~
・本当に検討すべき課題を特定する
・実践エクササイズ②:プレゼンテーションを分解せよ
・「比較」 ~だから人間には数が必要だった~
・実践エクササイズ③:どう説明する?
・定性的なものに明確な答えを出すための手法


第3部 STEP3:共通項を発見する
・「構造化」 ~世の中をアナロジーで解決する~
・構造(つくり)で説明する
・実践エクササイズ④:「企業の人事部」を別のものに例える
・「モデル化」 ~数学とは関係の科学である~
・XとYの関係を明らかにする
・実践エクササイズ⑤:「片付け」をモデル化する

要点を外さない伝達力を強化する


『9割捨てて10倍伝わる要約力』実践講座

山口 拓朗

伝える力【話す・書く】研究所所長/山口拓朗ライティングサロン主宰

第1部 ポイントをつかみ、簡潔かつ論理的にアウトプットする「要約力」
・なぜ仕事で要約力が必要なのか?
・人生の多くの場面で活用できる要約力
・要約前に整理するべき3つのポイント
・伝えたいことの解像度を高めるために

第2部 要約のキモ“情報収集/情報整理/情報伝達”を押さえる
・質の良い情報収集のためのポイント
・情報収集を格段に向上させる実践ワーク
・脳内の情報を「整理整頓」するために
・情報を整理する抽象・具体のグルーピング
・情報整理のための文章要約の実践ワーク
・エレベーターピッチに学ぶ最強の伝え方
・伝え下手な人の特徴を対策する
・伝わる要約テンプレートの紹介・実践
・SNSを活用した要約トレーニング


「1分で話せ」実践講座

伊藤 羊一

Zホールディングス株式会社 
Zアカデミア学長 

第1部 1分で伝える―左脳が理解するロジックを作る
・考えて、伝える、全ての仕事の土台になる作業
・「伝える」ために、まず考えておくべきこと
・「うまい話し方」ではなく「聞き手が動くか」を考える
・コミュニケーションは聞き手が決めている
・聞き手を動かすためにおさえるべきポイント

第2部 伝える極意を5つのポイントで理解する
・AIDMAを意識した伝え方で聞き手を動かす
・Attention ~聞き手を迷子にさせない構成~
・Interest ~ロジカルで興味を抱かせる伝え方のポイント~
・Desire ~前向きなイメージを想起させるために~
・Memory ~相手の記憶に残す超一言の実践~
・Action ~正しいことを言う、だけの説明から脱する~


『入社1年目ロジカルシンキングの教科書』実践講座

大嶋 祥誉

エグゼクティブコーチ/人材開発コンサルタント/TM瞑想教師/問題解決1枚シートⓇ開発者
センジュヒューマンデザインワークス代表取締役

第1部 ロジカルシンキングとは
・ロジカルシンキングとは何をすることか?
・なぜ、ロジカルシンキングが必要か?
・仕事の基本:考える、伝える行為の重要性

第2部 型を使ってロジカルな人になる
・ロジカルシンキングを使う場面とは
・ビジネスで必要とされる会話の4つの要素
・ピラミッドストラクチャーの活用
・ピラミッドストラクチャーのつくり方、展開の3つポイント
・ロジカルにわかりやすく展開するときのポイント①課題と主張のマッチ
・ロジカルにわかりやすく展開するときのポイント②MECE感覚
・ロジカルにわかりやすく展開するときのポイント③筋の通っているか

スキルの進捗を見える化する


『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」』実践講座

佐藤 耕紀

防衛大学校 公共政策学科 准教授

第1部 ビジネスの基礎原理を理解し、仕事の効率を高める
・経営学の基本的な考え方を学ぶ「費用対効果」
・賢く考え、正しく判断する心理学「意思決定」
・意思決定の根拠となる資源の希少性とは?
・経営資源を正しく理解する
・数字で全てが語れない理由「認知バイアス」
・「損失回避」の心理を経営に活用する

第2部 競争優位に立つための戦略の基本を理解する
・価格のしくみを理解して、売上と利益を増やす「価格戦略」
・単品販売とセット販売の不都合について
・相乗効果を生み、コストを下げる「多角化戦略と経済性」
・事業の全体像を見渡すための「経営の多角化」
・ライバルとの戦いを勝ち抜く「競争戦略」

第3部 組織の行動原理を把握し、効果的なマネジメントを行う
・みんなで協力して目的を実現する「組織」
・組織運営の課題となる「社会的ジレンマ」
・部分最適が全体最適につながらない理由


「付加価値のつくりかた」実践講座

田尻望

株式会社カクシン
代表取締役 CEO

第1部 付加価値創造企業「キーエンス」
・“超高収益企業キーエンス”とはどんな会社か?
・超高収益を上げ続ける秘密 ~ベース編~
・構造で成果を生む仕組みとは?
・ムダを生まない、“付加価値”のつくりかた

第2部 終わりないニーズ探索で付加価値創造人材になる
・コンサルティングセールスの面談プロセス
・徹底的なヒアリングによる他社差別化
・法人顧客を攻略するための6つの価値

第3部 ニーズの見つけ方と付加価値の伝え方
・「顧客が付加価値を理解する」変化を伝える方法
・競合他社とキーエンスの“構造”の違いを分解
・価値を価格へ転換する時に越えるべき3つの質問
・キーエンスが超高収益を上げ続ける秘密~ V字回復 ~


問題解決力を高める「推論」の技術』 実践講座

羽田 康祐(はだこうすけ)K_bird

株式会社朝日広告社
ストラテジックプランニング局
戦略プランニングディレクター

第1部 思考能力を構成する2つの要素を理解する
・「正解思考」に陥ると主体性を失う
・なぜこれからの時代は思考能力の重要性が増すのか?
・推論力は、今後希少性が高まるスキル
・思考能力を構成する2つの要素を理解する

第2部 行き詰まりを打破する「視点力」の磨き方
・問題を設定する「視点力」の重要性
・多様な視点が適切なイシュー(論点)を生み出す
・別の選択肢、可能性を見出す視点の置き方
・問題の行き詰まりを突破する
・既存の枠組みを疑い、0から1を生み出す
・視点を生み出す3つの観点

第3部 仮説を生み出す「推論力」の磨き方
・見えないけど、存在するものを正確に見抜く力「推論力」
・「推論力」を磨く、3つの推論法
・隠れた法則を発見する、帰納法の頭の使い方
・ビジネスの環境変化を予測する、演繹法の頭の使い方
・事象の原因究明に活きる、アブダクションの頭の使い方
・日々の中で、思考能力を身につけるための3か条

お申し込み概要


講義回数1講座約2時間×12講座セット
受講価格96,000円(税込 105,600円)※申込金を含みます

★1講座あたり60%OFFでご受講いただけます。 (通常1講座税込22,000円)
補足・有効期限は62日間となります。動画視聴スタート時期は、各講座ごとに異なることがあります。
・お申し込み後、2営業日以内に事務局よりメールにて視聴権限をお渡しいたします。メールを受け取った日より受講開始いただけます。
資料PDF資料PDFをダウンロード
注意事項・本講義は、オンライン配信講義となります。お申込者には、宣伝会議オンライン上でご視聴いただきます。
・会議室等で複数人が視聴する上映会は、著作権法第22条の2に定められている権利者の「上映権」を侵害する無断上映=違法行為となります。
・違反行為が発覚した場合、法的対応を含む、しかるべき措置を取らせていただきます。

・視聴の際は、申込者ではなく実際に受講される方のマイページ登録が必須となります。
・本講義には質疑応答はございません。
・受講は申込者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。
・お申し込み後すぐに受講案内メールをお送りしており、メール受信後、ご視聴いただけます。そのため、視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。詳しくは、特定商取引法に基づく表示をご覧ください。

チケットの使い方 

他のテーマ強化講座はこちら


プレゼン・営業力強化講座セット

「本当はもっと出来ているはずなのに不器用なので上手く周囲に自分の努力が伝わっていない」「定量評価は出てないけど定性面の評価をもっとして欲しい」と感じているビジネスパーソンは少なくありません。
本講座では、自らの企画、考え、実績、努力などを社内外の各ビジネスシーンで対象者への伝え方が分かっていないがあまりに、評価されていないと感じる全てのビジネスパーソンに向けて、ビジネス書でベストセラーを出している著者たちがその解決策を講義します。


チームメンバーを束ね、成長へ導くチームリーダーは、上司・部下・顧客・外注先パートナーなどのステークホルダーとの関係をデザインし、売り上げを生み出し成長角度を高めるスキルが必要です。本講座では、プロジェクトを推進する際に必要となる4ステークホルダーとの関係の中で求められる12のスキルを身につけます。圧倒的に成果を生み出してきたスペシャリストの仕事の「型」を学び、実務で明日から活用できる実践知を習得します。
マーケティングや商品開発、新規事業担当者など、自身で仕事をつくり、進める担当者必見です。